●兵庫県政150周年記念地域創造セミナー

【阪神間モダニズム】

  オープニングステージにて出演します。

  昔、父親が、華道 小原流の花器を製作、提供していた時期があるので、なんだかとても不思議な繋がりがしています。

  終了しました。

 

◆平成30年2月14日(水)14:15~17:45

◆場所    武庫川女子大学甲子園会館 (旧甲子園ホテル:国登録有形文化財)

     〒663-8121 西宮市戸崎町1-13

◆共催  兵庫県、武庫川女子大学、学校法人 甲南学園

◆問い合わせ先

     県政150周年記念地域創生セミナー 阪神間モダニズム運営事務局(Kiss FM KOBE内)

     TEL 078-322-0899(平日/10:00~18:00)

 

〜オープニングステージ〜

• ◇「天才音楽家貴志康一の軌跡」 スライド・朗読

• ◇「モダニズムの世界表現-華道・音楽の融合パフォーマンス」

     小原流 小原 宏貴 家元(甲南学園OB)

     ヴァイオリン  山中裕平

     ピアノ 藤波結花

 

神戸~大阪間、いわゆる「阪神間」では明治末期から昭和初期にかけて、「阪神間モダニズム」と呼ばれるモダンにして豊かな郊外文化が花開きました。

県政150周年を迎える今年、現代日本人の生活意識、生活様式の原型を形づくるうえで大きな役割を果たした この阪神間モダニズムにスポットライトを当て

その歴史的、今日的意義を理解する為、下記のセミナーとアート・ステージを 国登録有形文化財でもある武庫川女子大学甲子園会館(旧甲子園ホテル)で開催する。

 

 (HPより引用)

  https://hanshin-modernism.com/