● 国立音楽大学名誉教授 鵜崎庚一セミナー・伊那

◆アナリーゼの技法◆ 

より良い演奏表現のために楽譜を読み解く「アナリーゼ=楽曲分析」

  終了しました。

 

◎日時 2016年6月21日(火)

◎時間 午前10:30〜12:00

      午後13:00〜14:30

◎場所 きたっせ(長野県伊那北地域活性化センター) ℡0265−72−3815

◎受講料 午前・午後全講座8000円 午前または午後のみ4500円

 

教材 「ソナチネアルバム1」 

   SONATA Hob.16-35 ハ長調 ハイドン

   SONATA KV.545  ハ長調 モーツァルト 

 

講師  鵜崎 庚一

ピアノ 藤波結花

 

◎主催 みちの会 武田節子 

 

◎お問い合せ:

  みちの会 (0265)73-2329  武田 節子

 

◎お申込みは、こちらまで

 

よろしくお願い致します。

               藤波結花

 

     鵜崎庚一 略歴

 

 東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。池内友次郎、島岡譲、八代秋雄各氏に師事。作曲理論を学ぶためフランス国立パリ高等音楽院へ留学。一等賞首席(フーガ)、トニー・オーバン、ノエル・ギャロン、マルセル・ビッチュ各氏に師事。国立音楽大学及び大学院教授、大学院委員長を経て、現在、国立音楽大学名誉教授、武蔵野音楽大学講師、お茶の水女子大学講師を歴任。日本作曲家協議会会員、日本音楽著作権協会会員。