● 汐留ベヒシュタインサロンコンサート

  「ベヒシュタインとメゾ・ソプラノの織りなす音世界」

終了しました。

 

◎日 時: 2014年9月13日(土)

      開演 1900

◎場 所: 汐留ベヒシュタイン・サロン

◎入場料: 3,500円

問い合わせ・ご予約:

   e-mail:info@yukafujinami.com

   または、このHPのこちらから

 

 ◎出演者: 山田 美保子 (メゾ・ソプラノ)

                 藤波 結花    (ピアノ)        

 

≪ ご案内 ≫

9月13日(土)夜、汐留のイタリア街にあるベヒシュタインサロンホールにて、メゾ・ソプラノの山田美保子さんとのジョイント・コンサート「ベヒシュタインとメゾ・ソプラノが織りなす音世界」を開催いたします。

 

もちろんピアノは、世界3大ピアノで、リストやドビュッシーが絶賛したというベヒシュタインのフルコンサートモデル♪

ベヒシュタインの煌びやかすぎない高音の伸びや、低音の優しく包みこむ響きは、メゾソプラノの味わいある声とバランスが良いと感じます。

 

そして、今回、共演させて頂く、メゾソプラノの山田美保子さんが、とにかく素晴らしく、エンターテイメント性高い歌い手さんです。どのような世界が織り成されるのか、どうぞ、お楽しみください。

 

ソロも伴奏もピアノは全て私でして、プログラムも、ベヒシュタインの響きを堪能できる内容となっております。 久しぶりにベヒシュタインでのコンサート、ちょっといつもと違うテンションです。

 

ベヒシュタインって何?どんな音色なの?どんな世界が織りなされるの?と思った方、ぜひお越し下さいませ。 お会いできますのを愉しみにいたしております。  (藤波 結花)

 

new

<全プログラム >

 

赤とんぼ       文部省唱歌

お山のお猿      詩/鹿島鳴秋  曲/弘田龍太郎

浜千鳥        詩/鹿島鳴秋  曲/弘田龍太郎

ちんちん千鳥     詩/北原白秋  曲/近衛秀麿

 

ノクターン第5番

ワルツ第4番、第7番            曲/ショパン

 

「長崎五曲」     詩/三木露風  曲/坂本良隆

 1、ふなうた 2、寶石 3、しるし 4、聖母(受苦の日) 5、パライソ

 

夜の歌        詩・曲/林光

 

愛の夢

ハンガリア狂詩曲第12番          曲/リスト

 

われは幼く     共訳/大木惇夫・山田耕筰  曲/山田耕筰

あの子のお家    詩/北原白秋  曲/山田耕筰

かやの木山の    詩/北原白秋  曲/山田耕筰

ピアノの為の「からたちの花」       曲/山田耕筰

からたちの花    詩/北原白秋  曲/山田耕筰

 

 

メゾ・ソプラノ 山田 美保子

 

イタリア歌曲、日本歌曲を中心に多数のコンサートに出演。柔らかな声質と豊かな表現力、正確な発音と言葉の感性に於いては高い評価を受けている。一方、オペラ「カルメン」「アンジェリカ」「アンドレア・シェニエ」に於いても圧倒する声の響きで、存在を遺憾なく発揮した。近年では童謡、流行りもの中心のコンサート。また、スタンダード、ジャズのライブ公演も手がけ、これ等のジャンルの公演も広がっている。コンサートは、大ホールでの通常のものは勿論、「おしゃべり」を交えたディナーコンサートやサロンコンサートも多く、常に観客を満足させるプログラムで行なわれている。

後進の指導も積極的に行い、特にヴォイストレーニングは人気のレッスンである。

リラの会会員。AMAスタジオ主宰

 

new

<コンサートを終えて >

13日の汐留ベヒシュタインサロンでのジョイントコンサートには、たくさんの方にお越し頂きましてありがとうございました。

 

ベヒシュタイン製のピアノを知らない方がほとんどでしたので、ピアノについての歴史や、エピソード、演奏側からの感じた事などをお話させて頂きました。

 

決してベヒシュタインびいきと言う訳ではありませんが、こんなにも美しく、魅力的なメーカーのピアノが世界にあり、ピアノによって特徴や音色が違う事を感じて頂けたのでしたら幸いです。

 

リハーサルの時は少し硬いかなぁと思った響きも、弾けば弾くほど要求に応えてくれて、心が通ってくるようで嬉しかったです

 

また、山田さんのビロードのような歌声とも相性ぴったり。山田さんは、当日のベヒシュタインの響きで、ご自分の歌うビブラートの付け方を変えるなど、見事な対応をされていました。

 

また、今回、私がベヒシュタインから学び、気づいた事はたくさんありました。作曲家とピアノメーカーはお互いが刺激し合いながら、一心同体となり成長していく。そして、今日までのピアノ発展の歴史をピアニストは忘れてはならないと感じました。

 

3大ピアノと呼ばれるスタインウェイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタイン以外にも、魅力溢れるピアノはたくさんあります。大事なのはブランドに捉われる事なく、様々なピアノに触れ、対話すると言うことを、更に更に伝えてまいります。   (藤波 結花)

 

 

new

<皆様からのご感想>

 

山田美保子さんとのジョイントコンサート。汐留のベヒシュタインサロンで素晴らしい音色を聴かせて頂きました。

ノクターンはCDでもそうでしたが本日も心を揺さぶられました、目を閉じて旋律を追っていると別世界に飛んで行きます。

また、リストが愛したベヒシュタインでのハンガリア狂詩曲は早弾きにも関わらず、一音一音が美しい粒となって心地良く耳に届きました。

曲自体の良さも今日の演奏を聴いて再認識出来ました。

安定した歌声と楽しいおしゃべりの山田さん、ベヒシュタインの歴史をわかり易く説明して頂いた上で生音で表現し証明してくれた藤波さん、素晴らしいひとときをありがとうございました。  (H.A)

 

 

世界3大ピアノのひとつドイツ・ベヒシュタインの音色を聴いて来ました!!

優雅で深みのある艶やかな音色、そして広がりのある残響感。

結花さんの奏でるリストの愛の夢のメロディーがムーディーで色っぽくって、うっとり。

『次回CDをリリースされる時の音源は、ぜひともベヒシュタイン製ピアノでの演奏で!!』っと、リクエストしたくなるほどシビレる素晴らしい音色でした。    (K.I)

 

 

とても楽しいコンサートでした。初めて聞く音色にびっくりしましたが最高のコラボレーションでした。

リストのように、結花さんの音楽性を十分に発揮させてくれる楽器ですね。

お話の内容もよくわかり、本当に良いコンサートでした。ますますのご活躍を!!ありがとうございました。    (A.M)

 

 

ベヒシュタインの響きを、客観的に聴かせていただいて、美保子さんの声と本当に良く合っていて、素晴らしい閃きだと思いました。長崎の曲、本当にヒンデミットを彷彿とさせる響きで、とても新鮮で魅力的に感じました!なかなか、あの世界観を表現できる方は少ないと思うので、お二人に聴かせていただいて幸せでした。

結花さんのソロは、どの作曲家の曲も、それぞれの作品に本当に真摯に寄り添い表現していらして、心を動かされました。リストのバスの響かせ方も素敵で試してみたくなりました。

また、是非コンサートには伺わせてください。  (Y.K)