21世紀ピアノ音楽の領域

♪終了しました。

 

2012622()

開演 19時~ 

入場料 3500

主催 国際芸術連盟

会場 旧東京音楽学校奏楽堂

 

八木下茂 作曲  『イレーヌ組曲Ⅱ』を演奏いたします。八木下先生のピアノ曲の演奏は3回目となります。どこか懐かしい風景を思い出すような、音のマジックをお楽しみ頂けますと幸いです。

                     藤波結花

 

 ~八木下先生からのメッセージ~

 

 「藤波さんにより演奏される622日のイレーヌ組曲Ⅱ。この曲集は8曲より成り どれも完全調性で書かれている いわゆる浪漫派の書法であり 19世紀後半あたりの雰囲気を持つが 俊英藤波氏の演奏はこの曲のマジックといわれる和声のつかいかたにあり 万人に好意をもたれるべき表現となっている筈です 是非多くの方々に聞いて頂きたい」

 

 

                          <コンサートを終えて>

~八木下先生からのメッセージ~

 

 「今日の演奏は心に沁み入る夏の蝉ではありませんが楽器に例えればストラドバリウスのように柔らかく深く繊細に響く音質でした。

 燻銀のように底光りのするピアノの音色、藤波さんの深い品性と温和な感情、深き教養などがまったりと織込まれていて絶品でした。

 

 作曲家は自作は相当上手に弾けますが「これは藤波さんに弾いてもらったほうが曲の良いところが10倍 悪い個所が10分の一になるっ」そう直感いたしました。

 

 静けさと灼熱の嵐どんな風景にも制御する第三の意識 。好評だったのでみなさん幸福感を享受できたのではなかったかと思います。」

 

 


 ~旧奏楽堂で催された『21世紀ピアノ音楽の領域』にて、八木下さんのピアノ作品「イレーヌ組曲Ⅱ」の演奏、無事に終了いたしました♩たくさんの方にご来場頂きありがとうございました。

 

 雨でも嵐の日も、何があろうと毎日一作品以上を日記のように書き綴ってきたそう。一曲一曲が思い出の1ページ。鮮やかに蘇らせたいという思いを込めて弾かせて頂きました。8曲ひとつひとつの性格が違うので場面と気持ちの転換が難しかったです。

 

お客様から、もっと他の作品も聴きたいとのお言葉、嬉しいです。作曲者の心の温かさが伝わったんだなぁと思いました。 また素敵な作品をお待ちしております。~

  

                                   藤波結花